入院のご案内

病棟機能紹介

■急性期一般病棟

●A2病棟 ●B2病棟

 内科系・外科系(外科・整形・脳外・眼科・皮膚科含む)の検査・治療を行っています。また地域連携に力を入れ、急性期病院からの継続治療(ポストアキュート)の受け入れを積極的に行っています。
 一人ひとりの患者さんへの全人的な医療提供に努めています。多職種が各々の専門性を発揮・協働して、日々カンファレンスを行う等患者さんの健康回復・在宅復帰を支援しています。

■回復期リハビリ病棟
■地域包括ケア病棟

●こすもす病棟
●B3病棟

 日常生活自立に向けての機能訓練で、医師をはじめ、専従セラピスト、看護、介護スタッフによるチームでアプローチし、患者さんの”できないこと”よりも”できること”に着目し、自立に向けた支援をおこなっています。

■特殊疾患病棟
■療養病棟

●ひまわり病棟
●すずらん病棟



 急性期を終えてもなお医学的管理を必要とする方々に、安心と信頼の看護・介護を提供しています。一人ひとりによりそった看護をめざし、寝たきりの患者さん、コミュニケーションの困難な患者さんであってもあきらめず、個別性にあわせたケアに努めています。
 また、特殊疾患病棟は、神経難病・脊椎損傷・重度の意識障害などの方に対応し、身体機能の維持、健康管理に取り組んでいる県下でも数少ない病棟です。

入院患者様へのご連絡

入院患者さまへ連絡される場合は、次の番号をご利用ください。

■A2病棟

0586-76-0380

■B2病棟

0586-76-4944

■B3病棟

0586-76-4608

■ひまわり病棟

0586-81-3196

■こすもす病棟

0586-81-3195

■すずらん病棟

0586-81-7303

入院のご案内

 入院に関するご案内と、以下の書類をお渡しします。
 ・入院のしおり
 ・入院申込書
 ・「入院される皆様へ」

入院のしおり
・診察券
・保険証、医療症
・印鑑
・入院申込書
・「入院される皆様へ」
・手術・検査等の同意書(必要時)


入院先の病棟までスタッフがご案内します

入院中の生活に関しては、入院のしおりをご参照下さい。

病状が落ち着いてきたら、退院に向けての準備をします。
また、退院後の生活に関する介護相談、生活相談も行います。

入院の手続き

印鑑・健康保険証・介護保険証・医療証(老人、乳児、障害等)
入院申込書・診察券等を持って中央受付にてお済ませください。

CSセットの説明はこちらから

入院の持ち物

★パジャマ等が不要になるCSセットが御座います。
■入浴・洗面用具(大き目のバスタオル・タオル・洗面具・歯ブラシ・石鹸・シャンプー・ヘアブラシ・ひげそり用具・ティッシュペーパーなど)
■湯のみ、または楽のみ・箸(スプーン)・急須または小さいやかん・下着・ねまき、またはパジャマ・スリッパ等
■現在飲んでいる薬
■整形外科・外科で手術を受けられる方は、病棟看護師より必要物品の説明をお聞きください。

面会時間

平日・土曜 午後2時~午後8時
日曜・祭日 午前10時~午後8時

差額ベッド代



一切いたただいておりません。

入院費のお会計

退院時または月末までを、翌月の11日(日祝日の場合は翌平日)に請求書を発行し、お部屋までお届けいたします。
1階会計窓口または便利な銀行引き落としをご利用ください。

会計時間

月・水 午前9時~午後7時30分
火・木・金・土 午前9時~午後4時30分

付き添い

ご家族の付き添いには医師の許可が必要です。許可のある方には、付き添い用寝具をお貸しいたします(有料)

医療介護福祉総合相談室の利用

治療費・生活費・ご家族の事などご心配なことがありましたら、ご遠慮なく看護師にお申し出ください。相談室へご案内します。

洗濯

患者さん用の洗濯機・乾燥機(コインランドリー式)がありますので、ご自由にお使いください。
■洗濯機 1回200円
■乾燥機 1回100円(30分)
※洗濯干し場の設置場所は職員にご確認ください。

理美容室

ご希望の場合、理容業者が週1回実施(有料)します。看護師までお申し付けください。

公衆電話

各病棟に公衆電話があります(カード式電話は外来待合室・作業療法室前・2F・3Fの病棟詰所前)

入院のしおり

入院のしおりが御座います

パンフレットのページはこちらから