臨床研修医募集研修科目-基本・必修科目 整形外科、小児科、産婦人科、精神科

整形外科

一般目標

患者のQOLの向上を主たる目的とする整形外科の特質を理解し、基本的な整形外科診察法と外傷の初期対応を身につけ、変性疾患の治療の流れ、リハビリテーションの概要を知る。

行動目標

(1)外傷を中心とした骨・関節疾患の診断と初期治療ができる。
(2)日常よくみられる慢性疼痛疾患の診断と、外来診療での対応ができる。
(3)理学療法の適応と禁忌を理解し、指示ができる。
(4)整形外科的感染症の診断と治療法を理解する。
(5)多岐にわたる診断書の種類と内容を理解する。

臨床研修の到達目標 ※厚生労働省による

整形外科研修に関わる研修目標として、経験すべき症状・病態は、以下のとおり。
■経験すべき疾患
外来または入院患者で必ず経験すべき疾患。骨折(B)、関節・靱帯の損傷及び障害(B)、
骨粗鬆症(B)、脊柱障害(腰椎椎間板ヘルニア)(B)、変形性関節症、関節リウマチ(B)

研修方法

(1)病棟にて、外傷と頻度の高い疾患(大腿骨骨折、脊椎圧迫骨折など)を中心に5名前後の患者を受け持ち疾患の理解、保存的治療、手術的治療の基本を学びます。週1回の入院・手術カンファレンス(月曜日 PM1:30~)およびDrカンファレンス(火曜日 PM4:30~)に参加します。
(2)整形外科手術において助手を務める。麻酔操作・全身管理について基本的対応を学びます。
通常、整形外科手術は火・金曜日に集中しています。
(3)患者の社会的復帰を目的として、リハビリテーションの概念を学習し、他職種と協同しチーム医療の実際を研修します。リハビリカンファレンス(月曜日 PM1:30~)に参加します。
(4)整形外科外来において、指導医とともに診療を経験します。骨折・脱臼の初期治療、関節注射、各種ブロック注射を指導医の指導のもとに行います。週1回の外来カンファレンス(水曜日 AM7:30~)に参加し、画像診断の基礎を学びます。
(5)研修目標について、「到達目標 達成度評価表」を作成し、具体的な項目・指標とします。
(6)研修期間終了時に自己評価・指導医評価を記録します。

小児科

一宮市立市民病院において、1ヶ月間研修します。

一般目標

小児科全体の診療内容について理解し、特に小児疾患の特異性について把握する。

行動目標

(1)小児の全身状態について適切に評価できる。
(2)小児の診療内容の特異性について具体的に理解する。

臨床研修の到達目標※厚生労働省による

小児科研修の研修目標として、経験すべき症状・病態は、以下のとおり。
■外来または入院患者で必ず経験すべき疾患。
けいれん性疾患(B)、ウイルス感染症(麻疹、流行性耳下腺炎、水痘、突発性発疹、
インフルエンザ)(B)、細菌感染症、小児喘息(B)、先天性心疾患、悪性腫瘍、腎疾患、心身症、
アレルギー疾患、新生児疾患、他科に紹介すべき疾患(虫垂炎、中耳炎など)

研修方法

(1)オリエンテーション(新生児集中治療センター、研修初日のAM8:30、内容:カリキュラムの説明)
(2)受け持ち患者:常時最低3~4名の患者を担当します。(小児病棟及び未熟児センターで副主治医を担当します)
(3)病棟研修:
●病棟全体を把握します。
●具体的に1人1人の患者について診断、治療を学習します。
●治療方針をたて、指導医の確認の上、実行します。
●小児病棟では、慢性疾患(腎疾患、喘息、悪性腫瘍、心身症、心疾患など)及び急性疾患(感染症、痙攣など)を受け持ち、新生児集中治療センターでは、分娩立会い、新生児搬送を経験し、新生児の蘇生および新生児管理、産科との連携について学習します。
●虐待、心身症などの例において、患者本人の病状だけでなく、家族などの背景についても考察します。
(4)入院患者カンファレンス:週2回のカンファレンス(月曜:小児病棟、 木曜:未熟児センター)に参加します。
(5)小児科外来
●一般外来、特殊外来について理解します。
●乳児健診を体験します。(母子手帳を活用し、また地域の保健活動との連携を学習する)。
●予防接種を行います。
●救急外来での小児(とその保護者)への対処法を修得します。
(6)小児における採血などの手技の修得

産婦人科

一宮市立市民病院、または南生協病院のいづれかにて調整の上、実施します。

一般目標

研修を通じて産婦人科における基本的な診察法、検査法、手技を理解し、Human reproduction、及び、急性腹症を含めた各種疾患への対応法を学ぶ。

行動目標

(1)研修医としてふさわしい服装、身だしなみに留意して時間を厳守する。
(2)患者及び家族と良好な人間関係を確立できる。
(3)望ましい面接技法と、系統的問診法を用いて正確で十分な病歴採取ができる。
(4)基本的検査(血液検査・画像診断)の結果を理解し、適切な診断・治療計画を立てる。

臨床研修の到達目標※厚生労働省による

産婦人科研修を通して、経験すべき症状・病態は、以下のとおり。
■外来または入院患者で必ず経験すべき疾患。
妊娠分娩(正常妊娠、流産、早産、正常分娩、産科出血、乳腺炎)(B)、
女性生殖器およびその関連疾患(無月経、思春期・更年期障害、外陰・膣・骨盤内感染症、骨盤内腫瘍、乳腺腫瘍)(B)

研修方法

(1)オリエンテーション
(2)担当患者:常時最低3~4名の患者を担当します。
(3)病棟担当:
●入院受け持ち患者(婦人科手術患者)の手術の適応と要約を理解し、手術を見学します。
●術後経過を理解し、必要に応じて診察を行い、診察内容をカルテに記載します。
●分娩経過を理解し、分娩各期における取り扱いを学ぶ、分娩を見学します。
●産褥経過を理解し、子宮復古の状態を把握します。
●婦人科悪性腫瘍患者の科学療法について学び、効果、及び副作用を理解します。
(4)入院患者カンファランス:受け持ち患者の症例呈示を行います。
(5)外来担当:
●新来患者の予診をとり、カルテに記載し、診察を見学します。
●週1回妊婦検診の見学をし、この際患者の許可が得られれば自ら診察をします。
(6)抄読会:
●英語論文を1編担当する。
(7)症例報告:
●担当症例をスライド発表する。

精神科

入院研修は、布袋病院にて研修します。
外来研修は、北メンタルクリニックにて研修します。

一般目標

精神科研修においては、インフォームド・コンセントを基礎とした、望ましい「患者―医師関係構築」にむけた基本姿勢・態度を身に付けることに加え、一般医としても必要となる「精神科プライマリ・ケア」の習得が第一の目標である。

行動目標

(1)インフォームド・コンセントに配慮した対応ができる。
(2)精神科面接と病態把握が適切に行える。
(3)得られた情報を整理し、診断、治療方針、治療方針、治療契約を提示しカルテに記載する。
(4)社会資源と地域支援体制を理解し、適切なケースマネジメントを立案する。
(5)統合失調症、躁うつ病、神経症圏の基本的な初期投薬手技とその意義・リスクについて理解する。
(6)認知症への対応(鑑別診断、治療方針、介護保険の利用、病棟内プログラムなど)を理解する。
(7)精神科病院機能について理解する。特に統合失調症の急性期からリハビリテーション期、地域ケアへの流れを見る。精神保健福祉法のアウトラインを理解する。
(8)「精神科救急」概念と対応を理解し、救急当番日に副直に入るなどをとおして見学する。
(9)「パーソナリティ障害」概念を文献的に理解し、基本的な対応方針を学ぶ。
インフォームド・コンセントに配慮した対応ができる。

臨床研修の到達目標※厚生労働省による

精神科研修を通して、経験すべき症状・病態は、以下のとおり。
■外来または入院患者で必ず経験すべき疾患。※患者を受持ち、症例レポートを作成する。
統合失調症(A)、気分障害(うつ病・躁うつ病を含む)(A)
認知症(血管性認知症を含む)(A)、身体表現性障害・ストレス関連障害(B)
症状精神病、アルコール依存症、不安障害(パニック障害)
■その他経験すべき症状。
不眠(必修)、不安・抑うつ。

研修方法

(1)オリエンテーション:カリキュラムの説明
(2)受け持ち患者:入院患者を担当します。
(3)講義
●医師としての一般原則(守秘義務のことなど)
●面接技法と病歴聴取法
●精神保健福祉法、インフォームド・コンセントと患者―医師関係
●精神科リハビリテーション、社会資源の利用法
●疾患、病態各論
●精神科救急対応法、向精神薬使用法
 
(4)病棟
●担当医として週数回の診察を行う。新処方や検査、家族対応などは指導医と相談し行う。
●認知症などの集団療法プログラムに臨床に臨床心理士とスケジュール調整を行い参加する。
●担当患者が入院している病棟カンファレンスに参加する。
●ソーシャルワーカーから精神保健福祉法の講義を受ける。
●うつ病、人格障害、せん妄、統合失調症など主たる精神疾患についての指導医からの講義やDVDなどを通じてその理解を深める。
●精神保健指定と共に非自発的入院、保護室入室、身体拘束などの現場を経験する。
                       
(5)外来
●新来患者の予診を取り、カルテに記載します。
●自分が予診をとった患者の診察を、指導医と共に行います。
●精神科デイケアに担当者として参加します。
●精神科ケースワーカーの相談業務に同席します。
(6)研修記録
●「臨床研修の到達目標」における「経験すべき症状・病態」について、チェック・リストおよび症例レポートにて記録します。指導医より助言を受けます。
●「症例レポート」は、指導医の確認を経て、研修修了時に研修管理委員会に報告します。

剖検・CPC(臨床病理検討会) 研修について

実施場所及び期間

■千秋病院での内科および外科研修期間中、又は、南生協病院での研修期間中において行ないます。
■剖検は南生協病院の剖検室または千秋病院剖検室にて行ないます。
■CPCは該当症例を診療した病院(千秋病院または南生協病院)にて行います。

指導体制

指導医および症例主治医が臨床面での指導を担当し、病理指導医(南生協病院 病理科医師:日本病理学会認定病理専門医)が病理診断面での指導を担当します。

CPC実施日時

剖検の実施後、3~6ヶ月以内に、第4火曜日の午後に行ないます。

CPCにおける研修医の役割

症例報告者としての役割は以下の通りです。

●臨床及び病理所見を踏まえたうえで、症例を適切にまとめて呈示します。
●死因、主病因、副病変の整理と、それぞれの関連づけを行います。
●臨床上の反省点や症例から学んだ点を整理します。
●発表に対して質問を受け、討論します。

CPCレポートの提出

●CPCでの討議を踏まえて、指導医、症例主治医及び病理指導医の指導のもと、CPCレポート(別紙)にまとめる。レポート作成にあたっては、患者とご遺族へのプライバシーに十分な配慮を行います。
●研修医はCPCレポートをCPC終了後すみやかに作成し、1ヶ月以内に千秋病院研修指導委員会へ提出します。
●CPCレポートについては、指導医、症例主治医と病理指導医が指導医評価を、研修医自身が自己評価を行います。
●CPCレポートの最終評価は千秋病院研修指導委員会が行い、評価責任は千秋病院院長及び千秋病院研修管理委員会が負います。

TOP

MENU